トピックス
世界の常識、日本の非常識
全身と咀嚼
噛む力
メンテナンス
お手入れグッズ
 

世界の常識、日本の非常識
みなさんは食べ物をよく噛んで食べていますか?
1回の食事で何回くらい噛んでいると思いますか? 
 
現代人は古代邪馬台国の女王卑弥呼に比べて、食事のとき
1/6しか噛んでおらずあごの力が急速に退化しているという
実験の報告があります。※
 
これは古代からの食事を復元して食べてみる実験を行った結果です。
例えば、卑弥呼の食事として復元されたのは、
●ハマグリ汁 ●鮎の塩焼き ●長芋の煮物 ●カワハギの干物
●クルミ ●栗 ●もち玄米のおこわ ●ノビル
 というメニューです。
これを食べてみたのは、20代の女性。51分かかって4000回近く
噛み続けたもののあごと口の中の感覚が麻痺し、1/5を食べ残して
実験を中断してしまったそうです。
●卑弥呼の食事
 
※元神奈川歯科大学教授
  現NPO健康情報推進機構理事長
   日本咀嚼学会監事
   日本歯周病学名誉会員
  齋藤 滋先生の研究より
 
噛むことの効用 「ひ・み・こ・の・は・が・いー・ぜ」
「ひ」
  =肥満防止
よくかんでゆっくりと食べると、血糖値を徐々に上げ、少しの食事で
満腹感が得られるため、食べ過ぎを避けられます。
「み」
  =味覚が発達
唾液に含まれる酵素、アミラーゼはご飯などのデンプンを甘い麦芽糖に
分解し、消化を助けるだけでなく味覚を刺激します。
「こ」
  =言葉を正しく発音できる
よく咬まないと歯並びや筋肉の発達が悪くなるために、正しい発音ができ
なくなることがあります。
「の」
  =脳の発達
脳への血流が良くなるだけでなく、それに伴いボケ予防、精神安定、
ストレス解消効果もあると言われてます。 全身と咀嚼を参照
「は」
  =歯は病気の予防
よくかまないとあごの発達が悪くなり、審美上の問題となるばかりではなく、
食べカスが残りやすく、むし歯・歯肉炎・歯槽膿漏の一因にもなります。
「が」
  =がん予防
唾液に含まれる酵素に強い毒消し作用があるといいます。
咬むことで唾液の分泌が活発になり、その効果が高まります。
「い」
  =胃腸が快調になる
よく咬んで食べ物をかみ砕き、消化酵素を含む唾液と混ぜ合わせる
ことで、胃腸の消化機能を助けます。
「ぜ」
  =全力投球
しっかりとくいしばることが出来るので、何事にも全力投球ができます。
 
 
 

 

(C)2004 SATO DENTAL OFFICE all right reserved.