トピックス
全身と咀嚼
噛む力
メンテナンス
お手入れグッズ
 
Floss or Die  -欧米の歯科事情-
 
 これはアメリカで繰り広げられている歯周病予防キャンペーンのスローガンです。
 フロスが広く一般に使われ、口腔衛生に重要か示しています。
 歯周病が全身の病気を引き起こしたり、悪化させたりすることがわかってきました。
 
  咀嚼という消化機能はもちろん全身の健康に影響を与える器官の歯
歯は食べ物を咀嚼して唾液と良く混ぜ合わ
  せる「一次消化」を行って、食道や胃に食べ
  物を送ります。よく噛むことにより、唾液の
  分泌が高まり、むし歯や歯周病予防は
  もちろん唾液の抗菌作用抗ウイルス作用で
  全身の免疫力アップ効果がいっそう高まり
  ます。口に入った異物で食道や胃を傷つけ
  ないよう、髪の毛一本でも探し当てる精度の
  高いセンサーでもあります。
  また歯がなくなっても生きていられる動物は
  入れ歯が使える人間だけです。とはいっても
  入れ歯は本来の歯と同じ機能を持ち合わせて
  いるわけではありません。ものを強く噛めな
  かったり、顎の骨がやせてしまい歯並びが
  悪くなってしまうデメリットも。少しでも多くの
  歯を残すことでしっかり咀嚼できることは
  健康につながるのはもちろん、頭がい骨を
  動かして脳を活性化するため認知症の予防
  にもなります。むやみに歯を抜かず長く使える
  よう、虫歯や歯周病にならない予防はもはや
  当たり前。さらに一歩進んで見た目も美しい
  歯になるメンテナンスをしませんか?
   
歯磨きはマメにしてもフロスをしない日本人
歯ブラシのCMで毛先が歯の間まで届くイメー
  ジ図が放映されていますが、歯と歯の間の
  汚れはフロスでなければとれないのです。
  つまり歯ブラシをマメにすれば虫歯にならない
  というのは間違い。フロスと歯ブラシを使って、
  はじめて虫歯予防になるのです。
  ところが日本人は1日3回歯磨きをする人が
  増えているのに、週1回フロスを使う人は
  30%ほど。毎日使う人は数%しかいません。
  そのため、日本人は歯間の虫歯が非常に
  多いのです。アメリカではフロスが用意されて
  いるレストランがあるくらいです。さしずめ
  日本の楊子と同じといったところですが、
  効果は雲泥の差です。
  1日3回歯磨きをするより、1日1回
  おやすみ前にフロスと歯磨きをしたほうが
  虫歯や歯周病の予防になります。 
歯周病の原因菌は全身疾患に関係する
歯周病の原因菌がつくる毒素や炎症を
  引き起こす物質は、歯周組織に対して
  悪影響を及ぼすだけでなく、血液を介して
  全身疾患にも負の影響をもたらします。
  最近の研究では、早産や低体重児出産と
  いった子どもに影響があることや、
  糖尿病の悪化、炎症物質が血管の動脈
  硬化を促進し、脳梗塞や心筋梗塞を起こり
  やすくすると考えられています。また、
  肺炎、骨粗しょう症、腎炎、関節炎、発熱
  などへの関連も疑われています。
  欧米にくらべて日本人は歯周病になって
  いる人が多いといわれます。
  特にアメリカでは定期的に歯のクリーニング
  を行わないと保険が適用されないので、
  歯石の除去もきちんと行っている人が多い
  ため、歯周病が少ないのです。
   

 

 

 

(C)2004 SATO DENTAL OFFICE all right reserved.